オーダースーツ東京 | ツサカテーラー>T.Magazine | ネイビースーツ特集








 

  ネイビースーツ
  【NAVY SUIT】



  ビジネスシーンの着こなしに欠かせない『ネイビースーツ』。

  ネイビースーツはスタンダードでありながら最高の着こなしが
  
  可能となる1着。特に清潔感、信頼感ある印象を与えてくれます。

  ビジネスシーンはもとよりフォーマルにも対応できます。

  またネクタイやシャツなどのコーディネイトがしやすいのも

  特長です。








 ハリソンズ
〈フロンティア〉


スーツの聖地サヴィル・ロウに於いて、定番の合服地として長い間親しまれてきた、ハリソンズ・オブ・エジンバラの"フロンティア"。
この服地の持つ抜群のハリとコシによって実現される仕立て上がりの美しさと、優れた回復力が高い評価を受けてきました。
平織り、300グラムというユニークなスペックにより、春から秋にかけての長い期間に亘り着用できる点も人気の理由の一つです。



HARRISONS<Frontier>
100%Wool Worsted / 300grm

HARRISONS<Regency>
100%Wool Worsted / 280-300grm


HOLLAND & SHERRY<Inter City>
100% Wool / 370grm

SCABAL<Classics>
100%Wool / 360grm


DORMEUIL<Amadeus365>
100%Super100'sWool / 260grm









 ハリソンズ
<ファイン・クラシックス>

"ファイン・クラシックス"は、スーツの聖地サヴィル・ロウで長年愛され続けてきた定番クオリティーです。
しっかりと織り上げられた肉厚なボディーにより、イングリッシュ・ドレープを作りだす抜群のハリとコシと、一生もののスーツに相応しい耐久性が生みだされています。実際に縫製に携わるテーラー達が高く評価するこれらの特性が、ビスポークスーツの伝統と文化を支え続ける名門マーチャント、ハリソンズの矜持を表しています。

HARRISONS<FineClassics>
100%Wool Worsted / 370grm

HOLLAND & SHERRY<Classic Worsteds>
100% Wool Worsted / 400grm






 スミスウールンズ
<ボタニー>


ロンドンマーチャントの雄、スミス ウールンズが誇る秋冬服地のマスターピースの「ボタニー」。使用される「ボタニーウール」と呼ばれる良質なオーストラリアンメリノは、ボタニー港で船積みされることから名付けられ、200年以上に亘り名声を得てきました。着込むことで増す味わいと、飽きのこないオーセンティックなデザインが世界中に多くのファンを持ちます。

日本製<尾州織/Prosto>
100%Wool / 380grm

SMITH WOOLLENS<Botany>
100%Wool / 380-410grm


HOLLAND & SHERRY<City of London>
100% Wool Worsted / 420-450grm

HARRISONS<Premier Cru>
99%Super100's Wool & 1%Cashmere / 330grm





ジョンクーパー
<ドブクロス>

英国が誇る老舗ブランドのジョンクーパーが創出するドブクロス生地。その風合いは大変柔らかく、類まれなる気品を持ち合わせています。
「ドブクロス」とは服地を織る織機のことですが、本来は、産業革命当時の英国織物産業の中心地であった村の名前です。
そのドブクロス(DOBCROSS)村で発明された織機なので DOBCROSS LOOM(ドブクロス織機)と呼ばれるようになりました。
そして、その織機で織られた生地が『ドブクロス(DOBCROSS)生地』なのです。
「ドブクロス」の名称はHolland & Sherry社の登録商標となっており、同社が運営するハダスフィールドの Dobcros Weaving Company のみが、14台しか残っていないドブクロス織機を使って服地を織っている世界で唯一の工場です。

ハリソンズ
<グラン・クリュ>

直径約16.0ミクロンの極上のオーストラリアン・メリノウールは、あえて75番手という通常より太めの糸へと紡がれ、経緯共に双糸使いでしっかりと織り上げられます。この為、"グラン・クリュ"には通常では実現し得ない極上のヌメリ感が与えられています。また、美しい仕立上りと体を優しく包み込む様な柔らかい着心地にも、この服地のクオリティーとパフォーマンスの高さを感じていただけることでしょう。全てに最上を求めるハリソンズの哲学の象徴とも言えるこの"グラン・クリュ"が、服地の歴史に新たな1ページを開きます。

JOHN COOPER<Dobcross>
98%SuperFineMerinoWool & 1%Cashmere & 1%Mink/ 340grm

HARRISONS<Grand Cru>
100%Super150's Wool / 330grm









【 ホワイトシャツ × ネイビースーツ 】

ネイビースーツに一番お勧めのシャツはやはりホワイトシャツ。
ホワイトシャツこそVゾーンを美しくコーディネイトする基本です。
ブロードのほか、ツイルやヘリンボーンがビジネスシーンにお勧めです。




【 ネイビーソリッドタイ × ネイビースーツ 】

ネイビースーツにネイビーソリッドタイは最強の相棒。ビジネスシーンやフォーマルともに引き締まります。
コーディネイトポイントとしては、スーツとネクタイのネイビーカラーのトーンを変化をつけること。濃紺スーツにはシックな濃紺や、紺色に変化をつけやや明るめ花紺などを、明紺スーツにはブルーネイビー系ネクタイを。
また服地素材によってネクタイの質感にも気を配り、スーツ服地が梳毛であればサテンやツイル、フランネルのような紡毛であれば起毛感のあるウールタイやヘリンボーンのような織り柄のネクタイを選ぶのがポイントです。
←パターンオーダーネクタイ

当店ではパターンオーダーネクタイのご注文も承っております。
ネクタイ通販→
Tsusaka Tailor Net Shop では
ネクタイの通販も行っております。
・上記服地は、品切れや仕上り待ちの場合がございます。詳細は店舗へお問い合わせください。 
・上記は2022年8月現在のものです。
・上記の生地代・お仕立代込の価格は服地紹介ページをご参照ください。















【T.Magazine | 特集ページ アーカイブ】

 (c)Tsusaka Tailor All Rights Reserved.
本サイトの文書、画像などの全ての掲載内容の無断利用(複製・公衆送信等)は、固くお断り致します




【T.Magazine | ネイビースーツ特集|津坂テーラー|東京|Bespoke|Tsusaka Tailor|Tokyo】